AGAとは?

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略語で、日本語で言うと「男性型脱毛症」といいます。

これは成人男性の髪の毛が薄くなったり、抜け毛が激しくなったことの症状です。

原因は一般的に遺伝や男性ホルモンの影響とされています。

AGAの症状

AGAの症状は人それぞれですが、額が後退してきたり頭頂部が薄くなっていきます。

このような髪の変化は20代後半から35歳までに約40%の人が症状に出るといわれています。

早い人では10代でその症状が出る人もいれば、60歳になってもならない人もいます。

AGAの原因

AGAの主な大きな原因は遺伝と男性ホルモンです。

頭皮にはヘアサイクルというものがあり、「成長期」「退行期」「休止期」をローテンションで回って髪が抜けたらり生えたりしています。

AGAになるとこのヘアサイクルを停止させてしまう恐れがあります。

よって、強くで丈夫な髪が生えてこなくなるということです。

↑ PAGE TOP